体内に入れても大丈夫?現在の水道水の真実

水道水は浄水器でどこまで安全でおいしくなるの?

浄水器は、水道水を安全でおいしくするものとされていますが、
具体的にはどんな、機器なのでしょうか?


主流の浄水器は、残留塩素やトリハロメタンなど有害物質を取り除くこと、
少しでも減らすことを目的につくられています。

(ちゃんと法律で定められていて、規格基準があります。)
大腸菌やクリプトスポリジウムなど細菌類が入り込んだ場合も、
除去することができます。


では、どんな仕組みなのでしょう?


活性炭とろ過膜による浄水法が一般的です。


●まず活性炭。
活性炭には、無数の小さな穴が開いており、不純物に吸着して
取り除いてくれます。
塩素、トリハロメタン、農薬、が除去されます。
カルキ臭やカビ臭の源の有機物も除去されいやな臭いもなくなります。


●次にろ過膜。(中空糸膜ともいわれます。)
ろ過膜には、0.4?0.001ミクロンの穴が開いていて、水を通した時に、
粒子類を取り除きます。
一般細菌、にごり、カビ、鉄さびなどを除去します。
ただし、ミネラルまでは除去されないので、水はおいしいままです。


●他に逆浸透膜というものがあります。
これはろ過膜の膜より、小さな穴が開いており、
水の分子以外通しません。
医療や海の水を淡水にしたりするのに利用されます。


浄水器の取り付け型


浄水器の取り付け型にもいろいろあります。
各々用途に応じて選べます。


●蛇口直結型
蛇口の先に簡単に取り付けることが出来るタイプ
値段も安く家庭向け


●据え置き型
小さなタンクみたいなものがついていて、たくさんの量が
処理できます。
壁に掛けるタイプもあります。


●水栓一体型
文字通り水栓(蛇口)と浄水器が一体になったタイプ。
シャワーやホースになっているタイプもあります。jyousuiki.jpg


●アンダーシンク型(ビルトイン型)
流しの下に取り付けるもの。工事が必要ですが
キッチンまわりすっきりします。


●ポット型(ピッチャー型)
どこにもつながれてない、持ち運びが自由なタイプ。
見た目はポットそのものです。



最近の浄水器の中でおもしろいものに、
災害時用の携帯の浄水器、
水道水以外の水も浄水できるものがでています。


が、普通の浄水器は水道水を前提につくられているわけで、
雨水や井戸の水、川の水を通すときは、注意が必要です。



>>ウォーターサーバーはじめました。トップページへ戻る

ウォーターサーバーを実際に使ってみました!のコーナー

 

サルでも分かる!ウォーターサーバー基礎講座

 

損はさせない!ウォターサーバー業者丸裸紹介

 

一目で分かる目的別業者比較表

 

すべてに問いにお答えしましょう ウォーターサーバーくえすちょん

 

知っておいて損はさせない水のうんちく

 

いまいち違いの分からない水の種類 徹底解説

 

今一番知りたい 地震後の飲料水と放射能

 

体内に入れても大丈夫?現在の水道水の真実

 

大人ニキビ