いまいち違いの分からない水の種類 徹底解説

天然なのに殺菌処理 ナチュラルウォーター

では、いまいち聞きなれないナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーターとは
どんな水のことでしょう?


ナチュラルウォーターの定義


農林水産省のガイドラインでは、
「特定の水源から採取された地下水を原水とし、沈殿、濾過、
加熱殺菌以外の物理的 科学的処理を行わないもの」
とされています。


殺菌以外に何の処理もされていないもの。
殺菌以外の処理をしてはならないとも言えます。
なるべく人の手がくわえられていない
自然に近い天然の水がナチュラルウォーターといえます。


ナチュラルミネラルウォーターの定義


農林水産省のガイドラインでは、
「ナチュラルウォーターのうち、地表から浸透し、
地下を移動中または地下に停滞中に地層中の無機塩類が溶解した地下水
(天然の二酸化炭素が溶解し発泡性を有する地下水も含む)を原水としたもの」
とされています。


少しややこしいですが、
要は水が地下に溜まっている時や流れている間に
自然に土地の中のミネラルが溶け込まれたものを
ナチュラルウォーターの中でもナチュラルミネラルウォーターというみたいです。
(人工的にミネラルを足しているミネラルウォーターと区別できます。)
天然の炭酸水も含みます。


日本で発売されているミネラルウォーターのほとんどは
このナチュラルミネラルウォーターにあたります。


日本産のナチュラルミネラルウォーターは、天然とかかれていても
なんらかの殺菌処理がなされていますが、ヨーロッパ産は違います。


原水そのままで販売されています。殺菌処理などをしてはならないのです。
日本へ輸入されるものも何の加工もされていません。
では、危険なのかというとそうではありません。


ヨーロッパは安全基準が非常に厳しく、水源内の細菌の数まで規定されています。
源泉の環境が汚染から完全に保護されています。


日本のガイドラインにはそれがありません。



>>ウォーターサーバーはじめました。トップページへ戻る

ウォーターサーバーを実際に使ってみました!のコーナー

 

サルでも分かる!ウォーターサーバー基礎講座

 

損はさせない!ウォターサーバー業者丸裸紹介

 

一目で分かる目的別業者比較表

 

すべてに問いにお答えしましょう ウォーターサーバーくえすちょん

 

知っておいて損はさせない水のうんちく

 

いまいち違いの分からない水の種類 徹底解説

 

今一番知りたい 地震後の飲料水と放射能

 

体内に入れても大丈夫?現在の水道水の真実

 

大人ニキビ