いまいち違いの分からない水の種類 徹底解説

深度200メートル栄養豊富 海洋深層水

たまに目にする海洋深層水 sinnkai.jpg
神秘的な名前ですが、実際は、どうゆう水なのでしょう?


これは水深200メートル以上の海水のことをいいます。
海の平均水深が約4000メートルと考えると、
海水の約95パーセントは海洋深層水といえます。


北大西洋グリーンランド沖と南極海で冷やされた水が沈み、深海で二年かけて移動。
深層水(北大西洋深層水と南極低層水)と呼ばれています。


太陽の光がまったく届かないため、プランクトンが光合成をできず、
水の栄養分が消費されません。
また、人間の排水による影響も受けないため、化学物質、細菌汚染もありません。


そのためミネラルたっぷりできれいな水が、低い温度で保たれた環境になっています。
水質が一年中安定しているのです。



海洋深層水も飲料水として売られていますが、そのままでは海水なので飲めません。 
塩分を除去、ミネラルの調整、地下水を足したりして、商品にしています。

分類は、ボルドウォーター。


特徴として、普通のミネラルウォーターより含まれるマグネシウム、カリウムなどは多くなります。


イメージでは、海洋深層水は特別健康に良さそうですが、この水独自の効果などは、
まだ科学ではっきりと証明されていません。


飲料水以外でもいろいろと利用されています。
食料品はもちろん。医薬品や化粧品にも使用されています。
海水の温度差で発電したり、海洋深層水そのものを冷房に利用したりする研究も進んでいます。



>>ウォーターサーバーはじめました。トップページへ戻る

ウォーターサーバーを実際に使ってみました!のコーナー

 

サルでも分かる!ウォーターサーバー基礎講座

 

損はさせない!ウォターサーバー業者丸裸紹介

 

一目で分かる目的別業者比較表

 

すべてに問いにお答えしましょう ウォーターサーバーくえすちょん

 

知っておいて損はさせない水のうんちく

 

いまいち違いの分からない水の種類 徹底解説

 

今一番知りたい 地震後の飲料水と放射能

 

体内に入れても大丈夫?現在の水道水の真実

 

大人ニキビ