知っておいて損はさせない水のうんちく

水の成分 ミネラルの役割 カルシウム ナトリウム カリウム マグネシウム

水の中には、いくつかの種類のミネラルが入っていますが、
そのメインである、四大ミネラル
カルシウム ナトリウム カリウム マグネシウムについて
その役割をみてみたいと思います。
どんな働きをしているのでしょうか?


●カルシウムkarusiumu.jpg


骨や歯を作っている主な成分。
体内のカルシウムの99%がこの2つを作ることに
使われます。
心臓や筋肉、神経の働きに関わっています。
出血した時、血を止めるのもカルシウムの力です。


カルシウムが足りないと
骨粗鬆症などになります。 
成人で一日600ミリグラムが摂取量の理想です。


●ナトリウムnatorium.jpg


体液の濃さなどを調節、血圧を維持、
神経や筋肉の働きに関わります。
また、他のミネラルやタンパク質の吸収を手助けしています。


ナトリウムが足りなくなると、食欲なくなり、体が疲れやすくなります。
とり過ぎても、血圧が上昇してしまいます。


●カリウム


ナトリウムと連携して、血圧を維持しています。
神経や筋肉の働きに関わります。
腎臓での老廃物を排泄する手助けをしています。


ナトリウムのとり過ぎによる、血圧の上昇を予防する効果があります。
よってカリウムが不足すると、高血圧の元になります。


またカリウムが足りないと、不整脈、心不全、手足のけいれんなどをひきおこします。


●マグネシウムmagunesiumu.jpg


骨や歯などの構成成分になります。
心臓や神経の働きに関わります。
酵素の働きを促進し、カルシウムの濃さを調整します。


マグネシウムが足りなくなると、
不整脈、心臓発作、筋肉痛、手足のしびれ、腎臓結石、骨粗鬆症など
様々な病気の原因になります。



水の中には、この四大ミネラル以外にも
天然亜鉛、有機ゲルマニウム、バナジウムなども含まれています。



>>ウォーターサーバーはじめました。トップページへ戻る

ウォーターサーバーを実際に使ってみました!のコーナー

 

サルでも分かる!ウォーターサーバー基礎講座

 

損はさせない!ウォターサーバー業者丸裸紹介

 

一目で分かる目的別業者比較表

 

すべてに問いにお答えしましょう ウォーターサーバーくえすちょん

 

知っておいて損はさせない水のうんちく

 

いまいち違いの分からない水の種類 徹底解説

 

今一番知りたい 地震後の飲料水と放射能

 

体内に入れても大丈夫?現在の水道水の真実

 

大人ニキビ