知っておいて損はさせない水のうんちく

知ってて当然 人体と水の常識

人間にとって水は必要不可欠、
切ってもきれない縁で結ばれています。


体内の水分の2パーセントから3パーセント無くなると、脱水症状になり、ilm16_cd06054-s.jpg
20パーセント無くなると死亡するといわれています


10日間何も食べなくても生きていられますが、
水を全く取らないと3日で脱水症状になり、
1週間後に生きてる人はいないでしょう。


成人で体重の約60パーセントが水分です。
(新生児は、約80パーセント。だから、体がぷよぷよなんです。)
体重が70キログラムある大人だと約40キログラム水分というわけです。


1キログラム、1リットル。
40リットル体内にあるとして、
1日にどのくらいの水が人間の体から排出されるのでしょう?


答えは、約2.5リットルです。


そんなにオシッコしてないと思われるでしょうが、
これは、呼吸時の水蒸気や皮膚の汗として排出されるものも含んでいます。
もちろん大便にも水分は、含まれますね。
合計して約2.5リットルくらいになるのです。


ということは2.5リットルぐらいの水を補給していることになります。
飲み物として約1リットル、料理として約1リットル。
体内で、脂肪やタンパク質、炭水化物などが燃焼して発生する水(燃焼水)
というのが約0.5リットル。合計2.5リットルです。


水は人間にとってどんな働きがあるのでしょう。


●取り込んだ栄養分を溶かしてこんで
体の隅々まで運びます。


●老廃物を溶かし込み運んで排出してくれます。


●体温の調節、約37度に保ってくれています。


●血圧や血糖値を維持してくれます。


などなど大切な役割を担っています。


体内の水分が不足してくると
サラサラだった血液がドロドロになってきます。
栄養分、老廃物を溶かす能力は弱まり、
血液の流れも悪くなります。


栄養分は体に行き渡らない、老廃物は体内に残りやすいで
いいとこなしです。
脳梗塞、心筋梗塞、
さまざまな病気の要因になりかねません。


毎日、ちゃんと一定量の水をとることは、
健康維持に欠かせないないことなんですね。
便秘解消にも水が効くそうです。



>>ウォーターサーバーはじめました。トップページへ戻る

ウォーターサーバーを実際に使ってみました!のコーナー

 

サルでも分かる!ウォーターサーバー基礎講座

 

損はさせない!ウォターサーバー業者丸裸紹介

 

一目で分かる目的別業者比較表

 

すべてに問いにお答えしましょう ウォーターサーバーくえすちょん

 

知っておいて損はさせない水のうんちく

 

いまいち違いの分からない水の種類 徹底解説

 

今一番知りたい 地震後の飲料水と放射能

 

体内に入れても大丈夫?現在の水道水の真実

 

大人ニキビ