ウォーターサーバーを実際に使ってみました!のコーナー

実際に使ってみて分かったチャイルドロックの違い

小さな子供が、
遊びで使用して熱いお湯がでてしまわないように、
各社ウォーターサーバーには、
チャイルドロックというものがついています。
(ついていないものもあります。)


共通の規格というか、各社同じような仕掛けだろうと思っていましたが、
頼んだ3つのウォーターサーバーが、3つとも違う仕掛けでした。


アクアクララは、j akua.JPG
通常のフォーセット(蛇口)とロック付のフォーセットがあります。
(注文時指定できるみたいです)
我が家は、通常のフォーセットでしたが、
それでも水が出るフォーセットと
お湯がでるフォーセットは違いがありました。


水のでる方が、コックの部分をたおすだけででてきますが、
お湯のでる方は、赤いレバーが付いていてそれをつまみながらでないと、
お湯はでません。



クリクラは、コックの部分を強く押してひっかけてから倒さなければ、j kurikura.JPG
お湯がでない仕掛けになっています。











フレシャスは、水の方がレバーを奥へ押すだけで出てくるのに対して、j fresyasu.JPG
お湯の方は、さらにピンクのボタンを押さなければ出てきません。












言葉で説明しても、分かりづらいかもしれません。
実際やってみるとどのウォーターサーバーも
ほとんど手間なく、簡単にお湯がでます。
その上で、子供がいじっていて、
やけどしてしまうことのないように
各社工夫がこらしてあるというのが、よく分かります。


小さなお子さんがいる家庭は、
このチャイルドロック付きのウォーターサーバーを
選ぶということも頭に入れておいてください。



アクアクララ、クリクラ、フレシャスの公式サイトはこちら


アクアクララ


クリクラ


フレシャス




前の記事
実際に使ってみて分かったクリクラの特徴、変則的使用法
次の記事
実際にフレシャスのストックトートバッグを使ってみました。



>>ウォーターサーバーはじめました。トップページへ戻る

ウォーターサーバーを実際に使ってみました!のコーナー

 

サルでも分かる!ウォーターサーバー基礎講座

 

損はさせない!ウォターサーバー業者丸裸紹介

 

一目で分かる目的別業者比較表

 

すべてに問いにお答えしましょう ウォーターサーバーくえすちょん

 

知っておいて損はさせない水のうんちく

 

いまいち違いの分からない水の種類 徹底解説

 

今一番知りたい 地震後の飲料水と放射能

 

体内に入れても大丈夫?現在の水道水の真実

 

大人ニキビ