ウォーターサーバーを実際に使ってみました!のコーナー

実際にフレシャスを組み立て、設置してみました。

フレシャスは、他の2社と違い、setumei.jpg
配送されてきたサーバーを自分で設置しなければなりません。
写真がたくさん入った、分かりやすい説明書がついているので、
その通りやれば、誰でも簡単に出来ると思います。
結構楽しい作業です。








送られてきたのは、3つ。まず、一番でかいのが、hako.jpg
ウォーターサーバー本体です。
そして、それに取り付ける部品。
最後に、水です。


ウォーターサーバー本体を箱から出します。
結構、重いので箱から出すというより、
ダンボールを破いて、
箱の方を取り外すほうが楽でしょう。





まず、ベースと呼ばれる青いプラスチック、cup.jpg
次に、白いカップをサーバーに載せます。












次に、水 ウォーターパックを用意して、searu.jpg
衛生シールをはがします。











この後、このウォーターパックにhari.jpg
ニードルアダプターと呼ばれるものをくっつけます。
ここが、一番のポイントでちょっとむずかしいところです。


このニードルアダプターは、針、とがった部分が出てくるので、
使う時は、要注意です。







ニードルアダプターについている、ennlock.jpg
固定盤(円形で開くようになっている部分)で
ウォーターパックのリングの部分をはさみます。
ずれないように、きちっりはめなければ、水の漏れるもとです。









次にニードルアダプターの白い部分アダプターロックのハネの部分を押し下げ、lockmae.jpg
時計まわりにまわして、ロックをかけます。











lockgo.jpg













ハネの部分を押し下げると、針がパックを突き刺した状態になるのでmore.jpg
すぐロックをかけた方がいいです。
写真を撮ったりしていたら、少しもれてしまいました...











ウォーターパックを逆さまにして、水が垂れないか確認したmizusoutyaku.jpg
サーバーにセットします。


パックを持つときは、継ぎ目を横にしたほうがいいみたいです。










ウォーターパックを押し込み、上蓋をしめたら完成です。kannsei.jpg


水がちゃんとでるか、確認してみます。
温水コックの方は、
最初だけ水がでるまで時間がかかります。

30秒ぐらいかかりました。







後はプラグをコンセントにさしこみ、背面のHOTスイッチをONに、botan.JPG
その後に、ECOスイッチをONにしておきましょう。
適温になるまでに、40分くらいかかります。










すぺての作業、写真を撮りながらだったので、結構かかりましたが、
普通に設置するだけなら、30分くらいでできると思います。
遅い人でも1時間もみておけば、十分です。


>>フレシャス公式サイトはこちら




前の記事
実際に、クリクラの無料お試しに申し込んでみました。
次の記事
実際に、フレシャスの水(ウォーターパック)をとりかえてみました。
関連記事
ウォーターサーバーを実際に使ってみました!のコーナー
実際に、フレシャスの水(ウォーターパック)をとりかえてみました。
実際に使ってみて分かったチャイルドロックの違い
実際にフレシャスのストックトートバッグを使ってみました。
標高1000メートル富士の恵み ほのかに甘い水?! ★フレシャス



>>ウォーターサーバーはじめました。トップページへ戻る

ウォーターサーバーを実際に使ってみました!のコーナー

 

サルでも分かる!ウォーターサーバー基礎講座

 

損はさせない!ウォターサーバー業者丸裸紹介

 

一目で分かる目的別業者比較表

 

すべてに問いにお答えしましょう ウォーターサーバーくえすちょん

 

知っておいて損はさせない水のうんちく

 

いまいち違いの分からない水の種類 徹底解説

 

今一番知りたい 地震後の飲料水と放射能

 

体内に入れても大丈夫?現在の水道水の真実

 

大人ニキビ