サルでも分かる!ウォーターサーバー基礎講座

ウォーターサーバー ボトルの違い ガロンタイプとフィルムパック(ワンウェイタイプ)

ウォーターサーバーを選ぶ際、このボトルの違いも考慮に入れなければなりません。
ガロンタイプ(ガロンとは、アメリカなどで使われる容積の単位)はリターナブルタイプとも呼ばれ、
再利用されることを目的にボトルが作られています。
フィルムパック ワンウェイタイプとは、いわゆる使い捨てのことです。


ガロンボトルの利点はなんでしょう?


一般的なガロンボトルは、ポリカーボネート樹脂という頑丈で変形しにくい素材で作られています。
業者が空きボトルを回収してくれるため、ゴミになりません。ひじょうにエコです。
また、フィルムパックと比べると値段が安くなっています。
見た目も高級感があり、おしゃれな感じがします。


ただ、ガロンボトルは、高温で殺菌、洗浄する際、ポリカーボネート樹脂が溶け出して、
ビスフェノールAという有害物質が発生する可能性があるという指摘がされています。
ただ洗浄時の水が飲料用の水に混じるわけはありません。
ボトル内の飲料水から、、ビスフェノールAが検出したとの報告はなく、
過度の警戒は、意味が無いと思われます。


フィルムパックの利点はなんでしょう?


素材がやわらかなポリエチレン、PET樹脂などでできており、使い終わったら簡単につぶせ、
普通のごみと一緒に捨てられます。


ガロンタイプのように、回収されるまでの空きボトルの保管が不要です。
極力空気の入らないつくりなので、部屋の中の雑菌が水の中に入り込みません。
また、常にボトルが新品なので非常に衛生的です。


どちらも一長一短なので、よく考えて自分に合うタイプを考えてください。


他に、Mizの樹には、真空パックという独自の形式がありますし、
バッグインボックスという水のバッグの給水口がそのまま蛇口になっているタイプもあります。



>>ウォーターサーバーはじめました。トップページへ戻る

ウォーターサーバーを実際に使ってみました!のコーナー

 

サルでも分かる!ウォーターサーバー基礎講座

 

損はさせない!ウォターサーバー業者丸裸紹介

 

一目で分かる目的別業者比較表

 

すべてに問いにお答えしましょう ウォーターサーバーくえすちょん

 

知っておいて損はさせない水のうんちく

 

いまいち違いの分からない水の種類 徹底解説

 

今一番知りたい 地震後の飲料水と放射能

 

体内に入れても大丈夫?現在の水道水の真実

 

大人ニキビ