サルでも分かる!ウォーターサーバー基礎講座

そもそもウォーターサーバーとは何?導入のメリット 利点

ウォーターサーバー、ディスペンサーともいわれていますが、
オフィスなどに置かれている給水、給湯器です。
給水用と給湯用の蛇口が二個ついていて、
本体の上部には、水が入ったボトルが取り付けてあります。
一度くらい目にしたことがあるのでは、ないでしょうか。


会社や公共施設など人が多く集まる場所用の給水器で
業務用というイメージでしたが、今は、その利便性と安全性から
一般家庭での利用が増えています。


特に、福島第一原発事故以後、水道水から放射性物質が検出されたニュースが出た後は、
飛ぶように売れ、手に入りにくくなっていました。


ウォーターサーバーのタイプ


ウォーターサーバーには、水道水を装置でろ過して使うタイプと
天然水やミネラルウォーターなどの水を配達してもらって、セットして使うタイプがあります。


水道水を使う方が安くつく感じがします。
確かに、水に代金はかかりませんが、最初に装置すべて買い取りで、
フィルタ交換などのメンテナンス代 維持するのに結構かかります。
 

水を配達してもらうタイプもサーバーを買取るタイプとレンタルがあります。
もちろん水の代金は、かかります。
お店で買うミネラルウォーターが500ミリリットル100円としても、
ウォーターサーバーも水は、12リットルで約1500円。
500ミリリットル約60円なので、そんなに高いものでもありません。


ウォーターサーバーのメリット


電気代は電気ポットよりもかかかりません。


なにより、いつでも、冷たい水(5度から12度)、温かいお湯(80度から90度)
を使うことができるのは、とても便利です。
飲みたいときに、コーヒーお茶が入れられます。
急な来客の対応もバッチリです。
キッチンから電気ポッドが消え、冷蔵庫の中の冷水用のペットボトルも不要になります。


●定期的に宅配してくれるため、
スーパーから重い水を運ぶという労働から開放されます。suiteki.jpg
カラのボトルも回収してもらえ、ゴミになりません。


●この時代、衛生的で安全な水が確実に手に入るというのも、
利点と言えるでしょう。
(天然水のものだと、採水地で採られた水が密閉され、
新鮮な状態のまま届けられます。)


色やデザインもおしゃれなものあり、
それぞれの好みに合わせたものが選べるようになっています。


それでも欧米に比べるとウォーターサーバー
その利便性、経済性、安全性から
日本の家庭でもこれからまだまだ普及していくでしょう。



>>ウォーターサーバーはじめました。トップページへ戻る

ウォーターサーバーを実際に使ってみました!のコーナー

 

サルでも分かる!ウォーターサーバー基礎講座

 

損はさせない!ウォターサーバー業者丸裸紹介

 

一目で分かる目的別業者比較表

 

すべてに問いにお答えしましょう ウォーターサーバーくえすちょん

 

知っておいて損はさせない水のうんちく

 

いまいち違いの分からない水の種類 徹底解説

 

今一番知りたい 地震後の飲料水と放射能

 

体内に入れても大丈夫?現在の水道水の真実

 

大人ニキビ